エコロジー

自作ネロリ水

開いたばかりの ニューサマーオレンジの花
Dscf7818s
二人で1時間以上かけて どんぶりに2杯くらい摘み
これにスチームをかけて 蒸留水をつくりました

ニューサマーオレンジ(日向夏)は4~5月に
伊豆地方で採れる やさしい黄色をしたとても美味しい柑橘です

Dscf7816s
ミカンたちって潮風が必要なのよねぇ~
蜜柑畑をお持ちのヤマダさんのご好意で 実現しました

Dscf7813s

山田さんの農園では開花期間中はもちろん
結実後もほとんど農薬を使用しないそうです
だから花に集まる虫たちはとても元気
摘花の間 その羽音に包まれて 虫好き夫婦は夢心地
そして ノドが渇けば採り残してある実を食べてもイイとのお許しをいただき
ああ!なんというシアワセぇぇぇ~

蒸留水は 素人ながら
すばらしいネロリの香りでできました
蒸し器の中に落ちた「煮汁」も かなりの濃い香りなので
捨てずに入浴剤やリンスに使います

来年は ちゃんとした蒸留器を使ってネロリウォーターをたくさん作るぞ

|

洗われる

老犬性の腸内環境の悪化でお腹をこわしていたBou
Karaも同様~そんなところで協調しなくていいのに…
すっかり善くなり 控えていたシャンプーをしました

Photo
別に 洗わなくったって平気だよ
と言いたげなBou

Photo_4
でも玄関 開けると Bou臭~は困るので
洗わせていただきます

カメラが防水ではないので ブルブルされないように
待てっ!』 連呼・・ゴメン

でも ちょっと気を許したとたん ヤられました

 ブルブルッッ
Photo_5
私は 犬のシャンプーは人間の勝手だと思うのですが
同居するには 洗わずにはいられないのは確かです


そこで 犬の心身の負担もとても少ないと思われる 非シャンプー
 ワンにゃフル なる商品を見つけました
成分は= 酵素、炭酸水素ナトリウム、精製水、香料
浴びせるだけでOK! すすぎ残しの心配なし!そして節水!!

長年愛用の非洗剤のシャンプーよりも イイんでは?!

香料が全くもってアカン人な私は 材料を買って手作りしようと思います

成果のほどは またいつか~

|

ミーレ

ついに 買ったのだっ
Dsc051861Miele S4212」 でございます

『空気清浄機並みのクリーン排気

欧州では病院でも使用されている優れた性

これで ハウスダスト&カビアレルギーで
「アンチ掃除機」を通していた私も
安心して掃除機掛けができるぅ~

ゼンソクやハウスダストに苦しんでいる方々も
別売の HEPAフィルター の装着で発作の心配もなく使えます~


もぉ~何年待ったか…
定価では尻込みしちゃうオネダンだもん~

他の無駄遣いを減らせば 決して手の届かないお値段ではないんだけどね


色 & ツヤ(ツヤっ?!) & 形
全て めちゃ好み

Dsc051821_2
「ふっさふさの美毛ペット×3匹」 のわが家ですから
同機
S4562 Cat&Dog」 も ヒジョーに魅力的ですが

「ターボブラシに毛がからまって…

というコメントに
長毛種のオーナーとしては ビビり

自分も長毛だし…
メロンイエローのこちらを購入と相成りました


昨日までわが家でペットたち&家族の散らかした
あれやこれやを吸い取ってくれていた御年20歳にも及ぶボロ機よ!
ありがと――――――

リサイクルされて新しい道を歩んでね

今日のアロマ 香りで掃除とダニ除去の一石二鳥~
精油で香りをつけた重曹をカーペットに振り撒いて、数分後に掃除機(*)をかけます
レモン ユーカリプタスラディアータ ティートリー ラベンダー
注意(*)ダストパック装着タイプの掃除機には目詰まりの原因となるため不向きの様です。
パック式をご使用の方は、お掃除後にお部屋の空気を入れ替えてから芳香浴を楽しみましょう。

|

みかんの皮

Dsc05041
皆さんお元気ですか?Karaです

突然ですが 皆さん
ミカンなどの柑橘類の
中身を食したカス…
そう! あの皮はどうしてますか?

ママがどこからか「乾かすとウサギが食べるよ~」という情報仕入れてきた
が 生では目頭がツーン!
口の中は火がボゥボゥ
とても食べられたものではない

「乾かして」といっても 今時は湿気で 乾く前にカビだらけになるので
レンジでチン!
あっという間(30秒から1分)に出来上がり~

↑↑写真のように はじめは

「この食べカスを、僕に食べろとでも?」
とムッとしましたが
ママが食べてみろとシツコイので
ホントウニもしかしたら食べられたりするのか?と 口にしてみた
…うん なかなかイケるじゃないか
今ではほぼ毎日 持ってこさせてる

そこで気をつけていただきたいのが 
ヒトの食欲のためにと バカバカしくも
皮に多くの防カビ剤や見栄えを良くするためのワックスが塗布されているので
ちゃんと処理して 残留農薬の心配を減らしたものしかイタダケマセンよ
分りましたか?
ちなみに 僕は
オーガニックものが入手できないときには ママに
㈱安心やさいの「サーフセラ」でガッツリ農薬除去させてます
ウサギはデリケートですからね! 発ガン性物質なんて真っ平ゴメンです

それでは ごきげんよう。




|

きこり体験

初めて参加です
間伐です
Dsc04486

人の手が入らなくなって 荒廃していく山を みんなの財産として守っていこう!ということで
仕事ではなく無償で 山に入り でもプロの目でどの木を残し&切るのかを判断して作業します
Dsc04489
こちらズブのシロウト=ボランティアということで
下働きで…と ほんのお手伝いのつもりで行きました

がっ! 開始早々

『チェーンソー、やってみるか!』

へっっ?? 悪い冗談ですよね?
そーゆーモノは
触ったことさえ ありませんから~~~

という 魂の叫び もスルりとかわされ(?)

『ま、やってみろ。』

ひゃー!ひゃー!ひゃー!
でも・・・結局いわれるがまま 不要なまでのアクセル全開で Try!

かなりな爽快感でした

木が地面に倒れる音はまるで花火の音みたい
お腹に 
どぉぉーーん と来ました


これが大先輩の切り株
Dsc04487

Dsc04488


そして このお粗末なものが My1st キコリ体験の記録

どうお粗末か?
切り方が悪いから 「切った」というより「木の重みで倒した」という感じで 断面がグズグズです…




切りたてホヤホヤの木の重いこと!!!
ひのきに至っては 樹齢50年=3mで100kgほど

切り倒した木材に出来る木を 斜面20mも運び上げる作業は 1度でギブアップ
情けないけど そうしないととても1日は体が持たない
ホントすみませんなんですけど
切る&枝を掃う&そこらに積む が精一杯

そうはいっても切った木のほとんどは利用価値がなく
そこで朽ちて次の世代への栄養と化していくのです
半世紀前に植林された当時のご苦労を偲びます

光が入るようになった 明るい森では広葉樹や落葉樹が育つようになります
Dsc04483


参加した女性は大抵2度とは来ないとのこと
いやぁ~その気持ち分かります
1日明けた今日 何をするにも体がキシミましたとも!
日ごろの運動不足を大反省です

ダーが作業と関係の無いところで 名誉の負傷
その体であれだけの作業を一日立派にし通したダーをほめてあげたいです

もっと諸先輩方の活躍を写真に収めたかったけど
自分の作業するのが精一杯!!
次回(えっ?行くの?)には いいショットを

今日のアロマ  なんちゃって森林浴~
サイプレス シダーウッド パイン ベチバー ティートリー 

|

うしし

TVでご覧になった方も どうぞうらやましがってください♪ 
Dsc04369











そーです
「森林ノ牛乳」です





「森林酪農」と銘打たれた放牧方法… 字の通り森林でするんですね
酪農風景って 私はいつもハイジの世界みたいにだだっ広い牧草地帯を思い浮かべてた
それが「森林~」は 違ったのだ

ただの そう 野山に放牧
放牧前の荒れた山の写真と 牛たちが放たれてのち自然の姿に生き返った山のありようをみて わたしはココロを打たれてしまったのです

この子は森林ノ牧場で飼われているのと同じジャージャー種で
丹那のオラッチェ牧場で元気に育っている子です
Dsc04313




そりゃーもお 見たとおりのカワイイさっ♪
メロメロされてゴキゲンになってしまった~




「森林ノ牧場」では 広大な敷地に少ない頭数のジャージー牛たちが放たれていて
乳が張ってきた牝牛たちが自分から搾乳室へと山から降りて来るそうです


以前 これまた希少な道産の「思いやり牛乳」という たいへんおいしい逸品を飲んでみましたが そこでも放牧されている牛たちが自ら
「搾ってぇ~」
とやって来るのをみて そりゃーおどろいたものです


いずれも 信じられないくらい甘い乳です ちっとも生臭さなんて無くて
やさしい味です

私はラッキーなことに実家近くの某大手デパ地下で偶然みつけて 母の買いものカゴへ「お願いします!」と突っ込んで買ってもらいました
もったいなくてずっととっておきたいけど それはまた取り返しのつかない「もったいない」ことになるので 
あーとかおーとか言いながら…ついぞ一人で飲みきってしまいましたごめんなさい

大事にしすぎ?!
紙のキャップまでかぶせなおして冷蔵庫で保管
Dsc04371


私の夢は ゾウを飼う→馬を飼う→ポニーを… と だんだん小さくなってきて
ついには 「牛を飼う」というところで落ち着いています
現実にはBou Kara Teoで合わせても30kg程度のペットたちにてんてこ舞いなんだけど…

これから後 どこかで「森林らくのう」という文字を目にしたら 「あ!アイツやったな。」と笑ってください
シアワセでよだれをたらしている私がそこにいるはずです


今日のアロマ
 野山のイメージの香り
セージ レモングラス ベチバー シダーウッド







|

電気自動車

全国でもまだ希少だという
MITUBISHIの
『電気自動車』のデモcarに
自宅近くの販売店で 偶然に出くわしました

その名は 『 i MiEV 』

2006101115331




 

さっそく 試乗させてもらいました~

ハイブリッドではなく 完全に電気のみ走るんですって


「カーブなどでちょっと飛ばしてみると
足回りの良さが実感できますヨ!」

なんて言われたもんだから ちょっくら拝借して夫婦交代でぶっ飛ばしてみました
大丈夫!スピード出したくても出せないクネクネ道だからぁ~♪

それはまるで ゴーカート 

エンジンの起動音も皆無 タコメータが点って
「はい!点きました。 で、どうする?」
という感じ

ぶるん!ぶるるる…とかいうのが無いのだね アタリマエ だけど

なんというか PCやTVの
電源を入れた』だけ という感触のみ

アクセル踏み込んでも 
ちょっと「くぅぅぅ~ん」というベルトが鳴る音だけ

でも操作感は普通車とまったく違和感無し!
後輪駆動なので 昔人間で重ステアリング を知ってる者としては 曲がり方などが懐かしい感触でした 
がんばって「回してまぁ~す」って感じぃ~~

車体は ミツビシ「 i 」 なので ナンバーは黄色軽自動車
なのに お値段
500万円 とはいかに?!


駄々をこねてエンジンルームを見せてもらったんだけど
パカっと開けたら ジュラルミンケースみたいなピカピカの金属ケース

30×30cm位のが2つ並ぶのみ

えっ? これだけかよ  と拍子抜け

車屋さんも嘆いてました…
「これが普及しちゃうと、車体のトラブル以外は『○△※電器さんへお願いします!』とかいうことになっちゃいそうです…」 って ですよねぇ~

一般住宅でも充電できるので(プラグは三つマタです。) 

ちょうど500万円を持て余しているそこのアナタっ!
最先端のグリーンなお買い物 いかがですか~

今日のアロマ 『グリーン』なイメージのE.O
パルマローザ バジル シダーウッド カユプテ

|

松本さんにありがとう!

この牛乳を愛飲していました
Imgp3289_2
でも 卒業することにしました

私が購入しているお店では 商品到着=消費期限だったり
自分が定期購入の指定日に取りに行かれなかったりして(
手にした3日前に期限切れ…とか
この何でもかんでもスピードを求められる時代になんてスローなことでしょう

なかなかフレッシュな状態で飲めないのが ちょっと悩みでした

そこで
昨年 家からかなりの近距離にて
安全な飼育&生産と見られる牛乳が造られるようになったので

フードマイレージ も考慮すべき グリーンコンシューマー として

誠に マコトニ まことに 残念ながら
松本さんご夫妻が 丹精込めて育てていらっしゃる牛さんたちのお乳にお別れです

たいへん お世話になりました
カフェオレが大好きなわたしの
牛乳ストレートでは飲めないんだけどぉ~

心の支え でした

大げさに聴こえますが
ほんとうに ほんとうに なくてはならないものでした

うれしくて 飲み
悲しくなっては 飲み
そして 頭にきては 飲み

牛乳を必要としない ダーを バカなのでは?とさえ思っているほど好きで

お出かけするときも愛用の小瓶に詰め替えて行くほどでした


安心して飲める牛乳 というものの存在がどれだけ私を助けてくれたか
書き表しきれません


松本さん!本当にありがとうございました
Imgp3290
嬬恋高原方面へ行くことがあったら
その時に
「手作り牧草の牛乳」があったら
きっときっときっと 買います
うれし涙しながら 飲みます


牛さんたちも どうかお元気でぇ~


今日のアロマ 

悲しみに打ち勝つ手助けを… 芳香浴

カモミール・ローマン ネロリ クラリセージ オレンジスイート

|

ぶんぶん丸

尋常ではない大きさの物体
これでわかるヒトは そーとーなマニア?!

Imgp3074_2
ここは 伊豆は伊東港
そこに横たわるは な なんと!
異人さんのお国から パーツにばらされ
お船で揺られ運ばれてきた

『風力発電機』のです


我家での愛称「ぶんぶん丸」

横に二つ並んでいるのがわかるかな~

まわりのものと 比較してみて!

すご~~~~~く 大きいです

24時間体制で(12時間交代ですって!)警備され
こっそり近づくこともできませんでした


1基=1億円程度だそうで

万×万が一にも 間違いがあってはならないのでしょう

そりゃー あんな魅力的なものが

どぉ~ん

と 放置されてたら
私だったら…まず 登ってみる


立ち入り禁止ギリの地点からの撮影です

これ以上近づくと オシリぺんぺんだと思います
どんな厳戒態勢なんだよぉ~

前日に
「午前零時ちょうどに出発だよ」とコッソリ(?)教えてもらえたので
ちょっくら早く行って 場所取りだっっっ!!
・・・っって張り切ってたのが みじめになった
ギャラリー ダーと私を含めて 7人ぽっきり


本当に写真の腕がものをいうなぁー と 今になってガクゼン
Imgp3076

Imgp3078
なんとなくでも ものすごい大きさだということが伝わるとよいなぁ

見えにくいですが 建物は観光会館です
何人収容なのかは?ですが そんなに小さな建物ではございません
 3階?4階建て??

それに引けをとらない大きさでございます

全6車線の交差点へ入り 左折
どうやって切り返すんだろう????
って前日から ワクワクしてたのだ

とーぜん 何度も何度も切り返しなおして
そーさねぇ 15分くらい掛かるのか?
がっ! 切り返すなんてシロウトの思い込み
驚くほど
あっさりと曲がっていきました
30秒も掛かってないよな…

おみごとな ハンドル捌きに 呆然としてしまいました
シャッター押していたのが自分でも不思議なほど

その後 ラッキーなことに 後続の警備車両のうしろに着けた

「今、撮っちゃえ!」と 

フラッシュ跳ね返すくらいに汚れてる窓
真っ白じゃんーーーー

Imgp3085
車を洗わないのは環境配慮としてgoodだけど
窓くらい拭いとけよ!!!

って 私の仕事ですよね…

でね でね
5分くらい走ったところで ぶんぶん丸 停車するではないか
警備員サン

「はいぃ~先行ってください~」 って

えええええぇぇぇ…
楽しかったのに 後ろから見てるのも

パスしながら撮ってみたけど
余りのデカさに 写るのは ごく一部 
しかも暗い…
Imgp3097

仕方なく先回りして 開けた場所で待ち伏せ



あっ!来た来たっ!
Imgp3106
やっぱ デカイなぁー
おっ?! ここで停車?! ラッキー

Imgp3113 思う存分撮るぞ!

うげぇ~ 余りの大きさに見切れちゃうぅ
これ以上後ろは下がれません…ヤブです
Imgp3126

そして ここで再始動
さよならー さよならー


とても楽しかった どきどきした

あれが3本くらい 合体して一基なんでしょう?
支柱は倍くらいの長さが あるんだろうね
すごいねぇ

警備員のおっちゃんが教えてくれたんだけど
ぶんぶん丸 「よく回ってるね~」のときは
速度
100km/hほどだそうで
バードストライクじゃないけど あれじゃ 鳥もまいっちゃうよね
くれぐれも鳥sanたち 近づかないでね



どこへ行くのか?
熱川の山の上だそうです

もう 既に数基回っているのをみましたが あそこに加わるの?
ってことは 数億円のぶんぶん丸 大回転

採算 取れるんでしょか~
だれか教えてくだされ・・・



今日のアロマ 気分上げて行きましょー 芳香浴で
スイートオレンジ ブラックペッパー ローズマリー 

|

3つぞろい

満月 しかも部分月食の七夕だそうで…

キャンドルナイトということで
自作の廃油キャンドルで 頑張ってます
Imgp2445

すごいですね このイベントの広がり様
今夜は8万件の商業施設でライトダウンすると聴きました

某コンビニ「七ノ十一」でも行われるって…実際 何をどの程度?
近所にそーゆー便利なものは無い生活だから
想像を膨らます~~~

ふだんの 「
っしゃいっっせぇー」 が
いらっしゃいませ。」くらいに こう なんていうか
しっとり?


Karaは 薄暗さが本能をかき立てるのか
狭い部屋の中を グルンぐるん
200周くらい 走り回り
疲れて伸びてる
Imgp2450
キャンドルの灯りだけでは
ピントが合わないよぉ





今日のアロマテラピー
 キャンドルライト入浴
厳かなイメージで 
オリバナムベンゾインを焚いてみましょう
火の管理をしっかりネ! 消火確認を今一度!!


 

|

より以前の記事一覧